塾・家庭教師のメリデリ

 

塾・家庭教師 どちらにしようかお悩みの方へ

「学習意欲」についてですが、これはお子さん自身が「成績をアップさせたい」
「もっと良い点数を取りたい」「もっと学年成績で上位を目指したい」「東京の某大学に進学したい」といった 学習に対する上昇志向を持っているかどうかです。

学習意欲があるのとないのとでは まったく同じ勉強方法を同じ期間中に施してもその成果には大きな差がでることになります。
勉強に対して意欲がある生徒は「なぜこの問題がわからないのか」「解決するためにはどうすればいいか」を
自分なりの方法で見つけて解決へと進みますが、勉強に対して意欲が沸かない生徒の場合は
そもそも「勉強方法がわからない」「わからないから楽しくない」「楽しくないから勉強しない」
という実に分かりやすい思考から勉強不足に陥ることが多く、わからない→楽しくないという
悪循環から一向に勉強が捗りません。勉強する環境を整えることで徐々に学習への意欲が沸くケースもあるので、
生徒の学習への姿勢のみを見るのではなく、学習環境を先に整えるというのも必要かもしれません。

□勉強する環境としての家庭教師
さて、上記で勉強する環境と学習への意欲について説明しましたが、これら二つを
同時に揃えたいとお考えの方にお勧めするのが「家庭教師」です。
とは言っても、学習環境が整っておらずかつ学習意欲のない生徒すべてのケースに対して
家庭教師は効果が高くなるということではありません。生徒一人一人が抱えている
勉強の問題は異なりますので、家庭教師を雇って必ずその問題が解決するとは限らないからです。
それでも、放課後学習としての環境作りとマンツーマンによる学習指導と学習意欲アップへのアドバイス、
サポートの面から言えば家庭教師は効果が出やすいのではないかと思います。

当サイトでは家庭教師の選び方や料金、派遣会社の選び方についてなどいろいろと解説しております。
今から東京などの激戦区での受験勉強対策を行う親御さんなど、お子さんの勉強について悩みをお持ちの方は
家庭教師について是非ご参考ください。

 

小学生で習い事をしている割合は、男児が89%、女児が93%。その中でも、学習塾には、男女とも4人に1人が通っています。

■小学生の習い事人気ランキング■

     男児         女児

1位   水泳(34%)    楽器・音楽(40%)

2位   学習塾(25%)   水泳(28%)

3位   サッカー(16%)  学習塾(24%)

4位   英語(15%)    習字(21%)

5位   野球(14%)    英語(19%)

カッコ内は習っている子どもの割合(複数回答)。第一生命経済研究所調べ

習い事をしている小学生は学習塾を含めると9割にのぼり、一番人気は男児が「水泳」、女児が「楽器・音楽」――。第一生命経済研究所の調査でこんな結果が出ました。(調査は昨年12月、全国の小学生の子どもを持つ保護者に郵送で実施。612人から回答を得ての結果です。)

recommend

伊香保温泉の宿といえば
http://www.shin-ki.com/
オリジナルジャージの制作
http://meikosport.com/soccer/jersey.php
島原法律事務所
http://mc-law-shimabara.com/
東京で賃貸オフィスの値段
http://www.0213.biz/
法人 パソコン
http://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/info/houjin/

最終更新日:2015/7/10

Copyright (c) 2008 塾・家庭教師のメリデリ. All rights reserved.